舞台『新宿のありふれた夜』

第二回オーディション開催中!
舞台『新宿のありふれた夜』オーディションページ

佐々木譲(直木賞作家)原作による「新宿のありふれた夜」は、過去4回、高橋征男(脚本・演出)によって舞台化された作品。今回5度目の公演はより、エンターテイメントを重視した作品となります。

《イントロダクション》
1989年代以降、東京、とくに新宿周辺にそれまで見なかったような雰囲気のアジア人の姿をよく見る様になった。もちろん観光客ではない。彼らの多くは新宿の裏通りの目立たぬ飲食店などで働いていた。若い世代は直接しらないだろうが、70年代後半のインドシナの激動、戦争がきっかけで当時アジアには150万人近い難民が生まれていた。

その一部が密かに非合法に、当時アジアの隆盛をほかっていた東京にやってきて働くようになっていたのだ。その東京は、というか、日本全体は、60年代後半の激しい異議申し立ての時代の名残りを見事に消して、消費の煽動とサブカルチャーが目立つ「非政治的」な時代に移っていた。60年代に元気だった青年たちは、うまく居場所を見いだせないままに、ぼやきつつ歓楽街をうろついた。もっと元気だった暴走族も、都心からは締め出された。「新宿のありふれた夜」は、そんな時代に、60年代世代とベトナム難民の若い(少女と言ってもいいような)女性が出会う物語だった。時期の正確な設定は、83年の6月25日土曜日だ。

《原作者、佐々木譲先生より》
『新宿のありふれた夜』は、一九九八年の初演から数えて今回で五度目の公演となる。
上演ごとに少しずつ演出は変わっているが、我がグループ虎のいわばレパートリー作品だ。

主要な出演者さんをオーディションで決めるのは、初演以来これが二度目となる。
今回はどんな俳優さんたちが、このお芝居に新しい生命を吹き込んでくれるのだろう。
原作者の想像を超えた視点を加えてくれるのだろう。楽しみでならない。

《公演概要》
タイトル:舞台『新宿のありふれた夜』
原作:「新宿のありふれた夜」(佐々木譲)
脚本・演出:高橋征男
会場・日程:両国シアターχ     2019/9/6(金)~9/11(水) 全 10 ステージ予定

情報は随時発表いたします。
ご期待下さい!